蜂退治は危険がいっぱい|駆除で我が家が守られる

早期発見へ繋げる

虫

アシナガバチ駆除が多くなるのは、寒い冬ではなく、暖かくある春先から夏にかけてです。春になると少しずつ活動を始め、巣作りの基盤を作っていきます。このころはまだ、被害の報告がない上に、人間からの攻撃がないため蜂にとっても好都合でしょう。だんだん蒸し暑くなってくると活発に動き始め、巣も徐々に肥大していきます。この頃になると、攻撃性が高くなり、巣を守ろうと人体的被害が多くなります。アシナガバチ駆除は、自ら行なうことも可能ですがやはり危険があるため蜂の生態に詳しい専門業者へ依頼をした方が無難でしょう。近年は、アシナガバチ駆除を手がける業者でも、破格の値段で作業を引き受けるところが増えているため、そこまで大きな負担になることはありません。また大きくなった巣に近づくと、アシナガバチの危険信号が働くので刺される可能性が高くなります。安易に近づかず、アシナガバチ駆除を行なってくれる専門業者へ依頼をし、対策をしましょう。

一口に蜂といっても、アシナガバチやスズメバチと種類があります。ほとんどの蜂が春先になると一斉に巣作りを始めるため、その前にアシナガバチ駆除ができると尚良いでしょう。一番多い被害は、洗濯物や外にいる時に刺されるといったものです。スズメバチに比べるとおとなしい方ではありますが、アシナガバチ駆除を行わず放置すると、巣への直接的な攻撃がなくても刺される危険性があるため要注意です。尚、アシナガバチ駆除の依頼は7月から8月が最も多く、その時に依頼が集中します。そのため、巣の大きさがまだ小さいうちに駆除を申し入れることが大事です。そうすれば、混み合っているという理由で後回しにされません。